Transcend USBメモリが壊れたのでサポートに修理依頼をしたら修復ツールを紹介してくれた話

2015年10月に購入した64GBのUSBメモリが壊れました。ラズパイサーバーで使っていてSamba用のドライブにしてあったものです。

このUSBの故障のせいでラズパイサーバーそのものが停止してしまいました。その時の記事です。

ラズパイのmicroSDが壊れました

当時でもUSB3.0で2,780円でUSB3.0対応は安かった印象ですが、現在でも1800円ほどと、Amazon’s Choiceに入るほどの人気ぶりです。

サポートに問い合わせたところ、リカバリツールを試してほしいという提案でした。これです。

しかしながら、手元にあるUSBはかなりの壊れっぷりで、差し込むと空のフォルダが何枚も開くという状態・・・

とはいえ、提案されたツールの結果がないと修理(というか保証)も依頼できないので渋々立ち上げてみます

はい、ダメっぽいですよね。認識されていないのですからツールの出番はないんじゃないかと・・・

指示のとおりにUSBメモリを差し込み直してスタート!

認識プロセス中ですね・・・ムリですよね・・・

おおっ、何やらうまくいきそうな・・・

完了したようです!! ちゃんと64GBと表示されています。

FAT32フォーマットされていました。

信用できないのでCrystalDiskMarkでスピードを測定しましたが、ちゃんとUSB3.0の値です・・・うーむ

復活しちゃいましたが、もう心配で重要なデータは入れられないので作業用のUSBとして使うしかないですね。USB3.0だから早いと思うし。